JP/EN

 

Foresight in sight

キイノクス・プロジェクト(KIINNOX®)

キイノクス(KIINNOX)
キイノクス(KIINNOX)は、[KI(木)]×[INNOVATION(革新)]×[X(掛け合わせ&未知への可能性)]の三つの言葉を組み合わせた造語です。
国産木材の流通と利用を促進させる事業活動を推進するとともに、森林環境の保全、地域経済の活性化、人々の心身の健康といった社会的課題解決を目指す活動を象徴するブランド名です。

キイノクス・プロジェクトが目指すこと

⽇本国⼟の3分の2は森林です。森林は、⼈々を災害などから守り、樹⽊としてCO2を吸収し、⽊材としてCO2を固定してくれるなど、サステナブルな社会創造における貴重な環境資源です。 

しかし意外に知られていないのは、日本の森林では伐採されて減少する量より、新たに増加する量の⽅が多いということです。人手不足や、丸太が適正な価格で売れないなどの理由で、放置され荒れている森も少なくありません。適切な手入れが行われないことで、太陽の光や栄養が⼗分届かず、幹の細い⽊しか育たず、その結果として森の持つ⼒が弱くなります。
日本の森林で成⻑した樹⽊を適切に伐採して活用することは、森を守るだけでなく、林業に関連する⼈たちの所得を増やします。また、新たな植林や、林道の整備など効率的・計画的な森林経営にもつながります。みんなが⽇本の⽊を使いたいという声を上げ、国産⽊材の流通と利用を拡⼤させることが、結果として森林を豊かにすることに繋がります。
キイノクスのフィロソフィー:森林の環境改善、地球環境保全、地域経済の活性化、心身の健康/豊かな生活
キイノクス・プロジェクトには、さまざまな分野の仲間が参加し、国産木材の需要創造と流通促進につながる事業を推進しています。

事業推進において各プロジェクトが同じ理念のもと活動できるようにするため、
また商品やサービスを購入される方々に活動の意義や国産木材の価値を広く知っていただくため、
キイノクスのフィロソフィーに基づくブランド活動も推進しています。

キイノクス・プロジェクト概要図:生産>流通>商品・サービス

キイノクス・プロジェクトの特徴

  • キイノクス・プロジェクトは、同じ想いを抱く企業連合による活動です。
  • プロジェクトで扱うメインテーマは、国産木材のサステナブルな流通です。国産木材流通サプライチェーンと、国産木材の需要創造の両側面に関わる事業活動を通じて、森林の問題解決、地域経済の活性化、心身の健康と豊かな生活の実現を目指します。
  • BIPROGYが事業主体として各活動立ち上げに関わります。
  • 岐阜から活動をスタートします。今後エリア別全国展開を目指します。

キイノクス | 木と人がともに活きる未来をつくる

キイノクスの詳細情報は、キイノクス・プロジェクト ポータルサイトをご覧ください。 > link

キイノクスの活動報告やVR(仮想現実)展示場、サステナブルなオフィスパッケージなど多数のプロジェクトのご紹介。
資料ダウンロードはこちら
キイノクスのコンセプトについて記したブランドブックをご希望の方は、こちらからお申し込みください。

トピックス

関連リンク

岐阜県森林文化アカデミーの森 ©Takashi Yasui 

*KIINNOXは、BIPROGY株式会社の登録商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。