JP/EN

 

Foresight in sight

クロノロジー型 危機管理情報共有システム 災害ネット

トピックス

「危機管理産業展(RISCON TOKYO)2021」 出展報告

2021年10月20日(水)~23日(金)東京ビッグサイト(青海展示棟)にて開催されました「危機管理産業展(RISCON TOKYO)2021」に、日本ユニシスブースを出展しました。
危機管理産業展(RISCON TOKYO)は危機管理をテーマにした国内最大級の総合トレードショーです。
会場の様子
会場の様子
日本ユニシスブース
日本ユニシスブース
日本ユニシスブースでは、日本ユニシスのクロノロジー型 危機管理情報共有システム「災害ネット」と、当社が販売会社になっている株式会社SpecteeのAI防災・危機管理ソリューション「SpecteePro」を展示しました。
もしいま自然災害が起こったら、感染症対策を行いながら災害対応を行わなくてはなりません。
このような「複合災害」の対応として、なるべく出社人数を抑えてリモートからでも災害対応をできる体制を検討されている企業が増えています。
危機管理がテーマの本イベントでは、このような体制下で活躍する「災害ネット」を、お客さまのご活用事例とともにご紹介しました。
災害ネット 紹介イメージ
災害ネット 導入事例イメージ

クロノロジー型 危機管理情報共有システム 災害ネット

展示ブースでは、実際の画面をご覧いただきながらのデモンストレーションを実施しました。

災害ネットはホワイトボードをそのままデジタル化したイメージで、離れた場所との情報共有を可能にします。

掲示板だと上層部が見ている…という心理的負荷から入力を躊躇し、現場情報が集まりにくくなっている可能性があります。一方、共通のデータファイルなどを利用する場合は、組織をまたいだ情報共有の負荷が大きくなります。災害ネットはそんな災害時特有の情報共有を楽にします。
沢山の方に説明を聞いていただきました!
沢山の方に説明を聞いていただきました!
パネルでお客さま事例もご紹介しました。
パネルでお客さま事例もご紹介しました。
昨年に引き続きコロナ禍でのイベント出展となりましたが、開催期間中は多くのお客さまに足をお運びいただき、改めて御礼申し上げます。

ご来場いただいたお客さまの中では初めて出会った方のほか、オンラインセミナーなどをご覧いただき「災害ネット」を実際にご覧になるために会場に来てくださった方や、すでにお話しを進めさせていただいているお客さまもいらっしゃいました。
今後もお客さまのお役に立てるイベントの出展などお客さまとコミュニケーションを取れる機会を増やしていきたいと考えています。

開催概要

  • イベント名:危機管理産業展(RISCON TOKYO)2021
  • 会期:2021年10月20日(水)~23日(金)10:00~17:00
  • 会場:東京ビッグサイト 青海展示棟
  • 主催:東京ビッグサイト
  • 来場者数:11,905名(3日間合計:同時開催展含む)

関連リンク